あずき 土曜日に抜糸予定

JUGEMテーマ:わんこ

 

 

10月5日土曜日にあずきの傷の診察がありました。

包帯とガーゼを外す時に、ガーゼとくっついてしまっていたカサブタ的なものがペリッと剥がれてしまいましたが、まあ順調な回復ぶりでした。

 

あずきが気にしないのでエリザベスカラー無しで、念の為に、長袖のトレーナーを着て生活しています。まったりゆったりなシニア生活で傷が開くこともなかったのでしょう。よしよし。

 

また汁が出てくっつかないためと、乾かすためとで、3日くらいしたらガーゼと包帯を外して生活するようにとの指示。一昨日の8日火曜日に取り外しました。問題無し。

 

いよいよつぎの土曜日は抜糸です。

雨風が弱いうちに帰ってきたいなぁ。

 

ところで、散歩中や病院の待合室などであずきを見た方々からよく「骨折しそう」とか「骨折が多いって聞きますけど」というお声をいただきます。

イタグレでは尻尾を折ったみたいな話をたまに聞きますが、ウィペットではあまり聞かないような気がします。あくまで個人の感想程度のものですが。

 

あずきはこれまでに3回裂傷(腰、尻、今回の脚)で縫合処置をしています。ですから骨折の心配は一度もしたことないけど、代わりに常に傷の心配をしています。滑毛種と暮らす者の宿命でしょうか。

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ

スポンサーサイト

コメント